交通費支給は別途がベスト、派遣会社によっては時給に含む場合も

派遣として働く時に交通費支給が含まれているかどうかは一つのポイントとなると思うのですが、これは派遣会社との契約によってさまざまです。

「交通費支給」と説明があっても、交通費が別途全額支給されるとは限らないのが、ちょっとわかりにくいところでしょう。

交通費支給のしくみが派遣先の会社によって違うので、確認しておく必要があるのです。

つまり派遣の契約によっては、時間給扱いになっていて、時間給に交通費を含んだ額でいくらと掲示されているケースがありますし、交通費支給しますが、上限があります。

1万円以内なら出ます、1万5千円まで出ますなどのようなケースもあります。

この中でも注意が必要なのは、時給に含まれるケースでしょう。

多くの派遣会社は「交通費支給します、ただし時給に含まれています」となっています。

これは支給されているかどうかがかなり微妙な解釈になるケースも。

たとえば職場まで交通費がかなりかかる人にとっては、時給が相当低く抑えられてしまうのは否めませんし、そもそも交通費支給でなくても、きちんとした時間給にそれなりの勤務時間が保証されていれば、交通費込で給料が安く抑えられてしまうところより、手取り額が増える計算になることもあります。

時間給ですから、残業の代金がきちんと出るのかどうか、残業や早出が毎月どの程度あるのかなど、全体の仕事の量、時間給を計算した給与、それに対して交通費が含まれる、含まれないなどは、最初に確認して納得いくようにしておくのが基本。

もちろん、一番望ましいのは別途全額支給となっている会社でしょう。